ブランディング

埼玉県川口市の下肢静脈瘤クリニック様-ブランディング・広告PR

川口市のクリニック様の開院の広告PRからブランドツールの作成

川口市に開院となりました、下肢静脈瘤を専門としたクリニック様の開院時の広告、販促関係のお手伝いをいたしました。
ロゴの制作にはじまり、名刺や封筒などの帳票類、看板の企画・制作、パンフレットやホームページの制作等トータルでお手伝いさせていただきました。
開院前の患者さんへの周知としては、WEB媒体や、地域のフリーペーパー、駅看板など、複数の媒体を使用しました。下肢静脈瘤の症状が現れる方が、比較的高齢者の方や女性に多いということからターゲットに合わせて媒体の剪定などいたしました。

サイン計画として外観に設置のサインや院内サインを企画・制作

看板はクリニックや店舗、会社などにとっては地域住民への周知として重要なものとなります。目を引いたり、イメージを訴求したりと役割は色々とありますが、目的に沿って形や素材、サイズなどを考え作成していくことが重要です。

ステンレスチャンネル文字
ステンレスチャンネル文字
入り口サイン
外観サイン

開院後はホームページが重要なツールとして運用

開院後も引き続きホームページは情報を取得するための大切なツールとして活用。WEB上での予約にも対応しています。
また、ホームページは作っただけではなかなか効果が出ないものです。効果の出るために、WEB上にさまざまな情報を掲載したり、サイト上の対策を行ったりと、どのような経路で流入があるかをWEB上だけではなくチラシや、フリーペーパーなどからの効果も検証するために使用し、定期的な施策、改善を行い今後運用をお手伝いさせていただきます。

saitama varix web site

[WEBサイト]
埼玉県川口市 さいたま静脈瘤クリニック

ホームページ制作についてはこちら
ブランディングについてはこちら

広告企画、販促や制作、ホームページの制作など広告全般でご相談ございましたら下記よりお問い合わせください。
ブランディング、ホームページ、広告全般のお問い合わせフォーム

関連記事