広告

広告会社のギルド型組織について

私たちは群馬県を活動の拠点とし、フリーランスのクリエイターが集まったギルド(集団)として幅広く広告に関するサービスを提供していきます。
現在の私たちのチームの構成員としては、プロジェクトマネージャー兼ディレクター、動画エディター兼カメラマン、WEBデザイナー各1名づつで構成された3名の組織です。それぞれがプロフェッショナルとして色々な場で活動しつつ、emo planningというギルドでも活動していく形となっています。
ギルドに参加したいと考えている方いましたらこお問い合わせください。

ギルド型組織のメリット

私たちはフリーランスが集合し、企業体のような形でサービスを提供しています。広告デザインや、ホームページ制作、動画制作等は費用のほとんどが人件費となります。企業として制作を行っている会社はもちろんそれ以外に事務所の費用や人件費や税金等さまざまな固定費が掛かってくるわけです。
そこを私たちは各個人が集まりそれぞれが報酬という形で受け取る為、余計な経費を掛けずにクオリティの高い制作物をご提供することができます。
会社ではない為クオリティのばらつきや、クオリティの高さが心配されることが時々ありますが、私たちのメンバーはそれぞれがこのギルド以外での仕事も請け負っています。その中には上場企業のプロジェクトであったり、大きなプロジェクトにも関わっているメンバーもいます。また、会社員ではない為正直なところ生活もあるので案件に対してハングリーに取り組んでいます。
1回の仕事でクライアントを満足させ、成果を出さなければ次の仕事へと繋がらない為死活問題です。
ギルド制には色々とメリットがありますが、3つの大きなメリットを詳しくご説明していきます。

制作コストを抑えてサービスの提供ができる

上段でも説明いたしましたが、私たちは会社ではなく個人、フリーランスの集まりとなり、それぞれが納税も行い、給料も稼ぎ、経費も支払っています。その為、会社を運営する固定費等はほぼ存在しません。その分制作コストを抑えてより良いサービスを提供できます。
企業が広告物の制作を依頼する際、大きく分けて下記の3つのパターンがあります。
①広告代理店へ依頼する
②広告制作会社へ依頼する
③フリーランスのデザイナーに依頼する
それぞれのメリットデメリットは長くなってしまうので別の機会にご説明いたしますが、上から順番に費用やサービスも異なると考えていただければ大きく間違いはないかと考えております。
代理店の場合マーケティングやプロモーション等販促活動をトータルで提案します。広告制作会社は制作依頼に対して、その制作物をより良いものとして世の中に送り出すために制作します。フリーランスのデザイナーは個人の為スキルに左右されますが、1人の為対応できる範囲も限られており、要望に対して業務を遂行していきます。あくまでも一般的な印象となりますので、全てがこの通りではありません。
これらと比べて私たちは、広告代理店のように様々な媒体を使用してのプロモーションは苦手ですが、制作会社のように依頼に対してより良いものを創り出すために、プロジェクトマネージャー、ディレクターがプランニング、マーケティングを行い、デザイナーやエディターとプロジェクトとしてつくり上げていきます。
ここがポイントですが、制作会社のような動きができる為、ホームページのみではなく、会社案内や、ロゴマーク等様々な制作物を一貫して作成することができます。更にフリーランスの集合体の為制作会社よりもコストを抑え、サービスの提供ができます。

得意な分野を持ったプロフェッショナルが集まる

私たちはフリーランスのクリエイターの集まりです。それぞれが特化した分野で活動し、常に色々なプロジェクトに関わっている為、それぞれのスキルアップはもちろんですが、さまざまな経験を積んでいます。
フリーランスのデメリットは1人で業務を行う為、引き受けられる案件の量に制限があることと、内容も経験のない分野だと引き受けることができなくなってしまいます。しかし、特化して業務を受けている為得意な分野では最大限の能力を発揮し、より良いものをお届けすることができます。
そのデメリットを回避する為、プロジェクトのマネージメント、進行を行う人材を私たちは配置し、プロジェクトのコントロールを行います。クライアントから要望に対して、適切な人員を配置し、予算に合わせて最大限提供できるプランニングを行い、プロジェクトを成功に導いていきます。その為制作できる範囲は多岐に渡り、代表的なものはホームページ、会社案内、動画の撮影・編集、ロゴマーク等のグラフィックデザインとなっております。
私たちは職人的クリエイターも所属しながら、プロジェクトをまとめあげ進行する、プロジェクトマネージャー、ディレクターで案件を進行していきます。お互いがより良いものを提供できるように、アイディアを絞り出しクリエイティブを提供していきます。

とにかく謙虚でハングリー

謙虚とハングリーは真逆の意味に近いですが、プロジェクトを良い方向に導くためにメンバー全員がハングリーです。しかし、ガツガツ仕事を行うのではなく。物事を俯瞰してみたり、クライアントとのやりとりには謙虚です。
私たちは全員がフリーランスで、会社からの保証はありません。その分次の仕事へ繋がるためにクラインの目的を達成し、満足してもらえるサービスを提供しなければなりません。そのためには常にプロジェクトに真摯に向き合い、日頃のスキルアップはかかしません。

ギルド型組織のデメリット

今まで良いことばかり書いてきましたが、デメリットもあります。
会社としてのクオリティではなく、個人のスキルや、得意なデザイン等どうしても偏りが出る部分は出てきてしまいます。しかしさまざまな経験をしてきているため、幅広く対応することはできますが、どこかの業界に熟知してなければならない等、専門的な知識の必要なプロジェクトは不得意です。ご相談いただければ最大限私たちに何ができるか考えてご提案させていただきます。

もう1つですが、万が一体調を崩してしまったり、不足の事態が起きてしまった場合にプロジェクトに遅延が出てしまう可能性があります。しかし、それではクライアントも困ってしまう場合もありますので、プロジェクトマネージャーがしっかりと案件をマネージメントし、臨時で別の人材をアサインしたりと対応できる体制をとっていきます。

終わりに

群馬県ではギルド型組織を取り入れている組織はまだないかと思います。全国で見てもまだまだ少ない組織の形です。しかし今後企業でもジョブ型の働き方が採用されたり、副業や、フリーランスという働き方が増えていくことで、組織の在り方も変わっていく必要があると思います。
群馬県内でも新しい風を吹かせるように取り組みを行っていきます。

関連記事